ラクしてきれいに!年末の大掃除のためにできること

>

ついで掃除を試してみよう

普段の水回り掃除の工夫

よく汚れが目立ったり掃除が大変だったりする水回りに目を向けてみましょう。

水回りは放っておくと汚れがひどくなっていき、簡単に汚れが落とせずさらに掃除が面倒になっていきます。
では、水回りはどうやってついで掃除をしていくのでしょうか。
答えは簡単です。
そのときそのときに掃除すればいいのです。
一例を挙げていきますと、洗面所だったら顔を洗ったり歯磨き後にその水滴を拭いていく、トイレだと使用後にシート類で拭く、お風呂なら入浴後もしくは入浴前にささっと掃除するなどがあります。

このように使用したらすぐ拭くのを習慣にすれば、そこまで汚れが目立つようなことはありませんし時間もかかりませんので、まずはいつもの生活の中で行動してみましょう。

キッチンの場合は

同じく水回りの代表とも言えるキッチンだとどうなるのでしょうか。

キッチンは料理などでまさに毎日使うような場所です。
そんな場所をついで掃除する方法はなにかあるのでしょうか。

キッチンなら、料理をした後にきれいに拭いていき、さらに除菌シートなどで拭いておくとますますいつもきれいに見えます。
また、電子レンジを利用した際にその蒸気で内部を拭いていくというのもいい手です。

そして放置した後の掃除が大変なシンクですが、お皿洗いをした後にシンク内を磨いておくことが可能です。

日常生活を送っていく上でもすぐその場で簡単にできるついで掃除、その手間を惜しまずに行っていくだけで大掃除をしなくても十分家はきれいになっていきます。


この記事をシェアする